秋田で婦人科検診可能なおすすめクリニック

更年期障害の身体的な症状|秋田の婦人科で更年期対策!

のぼせ・ほてり・発汗が止まらなくなるホットフラッシュ

更年期障害では身体的な症状も多く見られます。特に「ホットフラッシュ」とは、更年期障害の代表的な症状であり、急に顔が熱くなったり、汗が止まらない、頭に血が上った状態になるなど、「のぼせ」や「ほてり」と呼ばれる症状が起こります。

ホットフラッシュは決まった時間に起こる人もいれば、何の前触れもなく突然起こることもあるなど、人によって発症するタイミングは異なるため、個人では対応が取りづらい問題です。ホットフラッシュである可能性を感じた場合は、ぜひ秋田市の病院やクリニックに問い合わせて、診療を受けるようにしましょう。

肩や首のこりがひどくなる

更年期障害の症状のひとつとして、首や肩のこりがひどくなることがあります。これは加齢により血液の循環が悪くなっている場合と、エストロゲンの減少により自律神経の乱れが影響している場合の2つの原因が考えられるのです。

これらは病院やクリニックの指導以外にも、ストレッチなど適度な運動などで血液の循環を促すことや、肩や首への負担がかからない姿勢をキープすることなど、日常生活を変えることで緩和させることができます。

動悸や息切れで苦しくなる

更年期障害になると、激しい運動をしていないにもかかわらず、急に心臓がドキドキして息が苦しいなど、動機や息切れが急に生じることがあります。これは肩こり同様にエストロゲンの減少が原因で起こる自律神経の乱れによるものです。

病院やクリニックで診療を受けたのち、更年期障害の治療を行うことで改善できますが、それでも動機や息切れが治まらないときは、呼吸器系、循環器系などで内科的な検査を行うことが必要となるケースもあります。症状によっては内科を受診することをおすすめします。

めまい、頭痛、不眠など他にも様々な弊害がある

頭痛やめまい、不眠といった症状も更年期障害の1つです。更年期のエストロゲン減少に伴って自律神経が異常を起こしているか、加齢によって血管が収縮または拡張するなどコントロール機能が低下している可能性があります。また、脳血管の血管壁の痙攣や収縮による影響である可能性も高いため、病院やクリニックできちんとした対処を行うことが必要です。

自分でできる対処としては、まず身体を休めることが最優先だと言えるでしょう。また、他にも様々な弊害があるため、更年期障害の治療で様子を見て、それでも改善されない場合は重大な病気でないか、再度医師に診療してもらうことをおすすめします。気になる方は秋田市の病院またはクリニックに電話で問い合わせるのも良いでしょう。